HOME > 学校日記 > 【学校日記】命を救うためには(応急手当講習)

学校日記

【学校日記】命を救うためには(応急手当講習)
2020年01月24日

1月24日(金)

本日、2年生を対象に応急手当(救命)講習が行われました。

講師は、アルメイダ病院副院長の高倉先生と市消防局の職員の方々です。

講習では、応急手当についての講義等を聞いた後、AEDの使用を含めた心肺蘇生法の実技講習を行いました。生徒は市消防局の方々から指導を受けながら、人形を使ってAEDの操作や胸骨圧迫を体験しました。

生徒は、応急手当の大切さを理解するとともに、命を救うための努力の必要性とそのたいへんさを知ることができました。

高倉先生、市消防局職員の方々、本当にありがとうございました。

    

    

()