HOME > 学校日記 > 【学校日記】平和のありがたさをかみしめよう(平和授業)

学校日記

【学校日記】平和のありがたさをかみしめよう(平和授業)
2019年12月04日

12月4日(水)

本日、4限(2年)・5限(1・3年)に平和授業が行われました。

平和授業は、戦争がもたらす惨禍を理解させるとともに、平和と生命の尊さ、すばらしさを感じさせる。国際協調を図る等を目的に実施されます。

平和といってもその言葉が意味する内容は、一人ひとりの心の平安から、大きくは世界全体の平和までありますが、基本的な考え方は同様であると思います。

授業を受けて、平和が与えられた当たり前のものではなく、その大切さ・ありがたさに気付き、戦争のない平和な世界を築いていこうとする態度が育ってほしいと願っています。

生徒からは、「戦争は、どちらの国の人も悲しみや辛さがあるのだなと思った。」「あの時代に比べれば私たちは、恵まれているなあと感じました。」「戦争のことを語ってくれる人が少なくなっていることが心配です。」などの感想が出ています。