HOME > お知らせ > 授業が命

お知らせ

授業が命
2021年12月10日

授業を大切にする生徒は学校生活を大切にします。授業を一生懸命に受ける生徒は学校生活を一生懸命に送ります。

なぜなら学校生活のほとんどは授業だからです。先生方にも当然同じことが言えると思います。少しでも生徒にわかる授業を提供しようと、先生方も日夜研究に研究を重ね、学習のめあて・課題の提示はもちろんのこと、まとめ・振り返りまで、1時間の授業の中で「生徒にどんな力を付けたいか」を明確にしていきます。その手段として「ICTを活用」したり、「主体的・対話的で深い学びの実現」を目指したりと、「毎日の授業が命」の精神で取組んでおります。そのような中、明中では校内研究で互見授業を実施しております。

下の風景は先日行われました「第2回大分教育事務所訪問」の参観授業の様子です。参観をされた山香所長様、各指導主事の先生方からは、「男女の仲が良く、教室内で自分の意見を言えるいい雰囲気がある。」「お互いを認め合えることができている」などの多くのお褒めの言葉をいただきました。

これからも岡部校長のモットーである、楽しい授業ではなく「うれしい授業」の創造を目指して、生徒も先生もがんばっていきましょう。