HOME > お知らせ > いい歯の日に向けた取組イン明中

お知らせ

いい歯の日に向けた取組イン明中
2021年11月17日

11月8日は「いい歯の日」。明野中学校ではこの日にちなんで、いろいろな取組を行いました。今回はそのいくつかをご紹介したいと思います。1つ目は大分市の歯科衛生士さんをご招待し、2日間に分けて保健指導(歯磨き指導)をしていただきました。1年生の各教室では2名の歯科衛生士さんが、前半はスライドを使って説明(歯磨きをしなかった場合の弊害など)を、後半は実際の歯磨きの実演をしてくださいました。生徒たちは熱心に聴き入り、実演に沿って正しい歯磨きの方法を学びました。まだまだこれからの中学生。虫歯のない素敵な歯を永久に保ちたいですね。

 

下のメッセージは、これまで乳歯と永久歯ともに虫歯になったことのない明中生に、「虫歯にならないためのアドバイス」をいただいたものです。今、保健室の横のスペースに飾られています。かって「学校の風景」シリーズのなかで、ご紹介いたしました「明中毀滅(きめつ)の虫歯」(全滅まで後何人か)も健在です。皆さん、ぜひ保健室横のスペースに立ち寄って、なんとなくほっこりするアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか。