HOME > お知らせ > 母校凱旋-渡部 仁選手-

お知らせ

母校凱旋-渡部 仁選手-
2021年10月04日

本日10月4日(月)午前11時に明野中学校に渡部仁選手が凱旋しました。渡部仁選手は2021東京オリンピックハンドボール日本代表選手です。2年連続でベスト7に選出され、シュート率はリーグ1位です。明野西小から明野中、そして大分舞鶴高校とハンドボールを続け、現在は実業団トヨタ車体所属です。今回の帰郷にあたり、ぜひオリンピック報告会を行なおうということが、ハンドボール協会からあり、今回の母校凱旋となりました。会では2年生全員と男女ハンドボール部員が体育館に集まり、その他の学年はオンラインの参加となりました。まず2年生丹生知希さんのはじめの言葉、渡部選手の紹介ムービー、続いて本校ハンドボール部との実演(3年生伊藤縁さんとのキャッチボール、3年生岩下瑛杜さんがキーパーになり渡部選手とのシュート対決)がありました。続いてオリンピック報告、質疑応答、生徒へのメッセージ、最後に生徒会長3年生弓長伽耶さんからのお礼、花束贈呈、2年生ハンドボール部男女キャプテン大平陽士朗さん、東凛さんからの言葉、2年生藤原真子さんのおわりの言葉で締めくくりました。本物のハンドボールには渡部選手のサインまでいただきました。渡部選手は、会に参加できなかった1年生と3年生のためにこの後、教室を一部回ってくれたそうです。今日の報告会を機に先輩をしっかりと応援していきましょう。ちなみに渡部選手は私たち後輩に「大きな目標の前に小さい目標を立て、それを一つづつ達成していこう。それが大きな目標に到達する方法です。」というメッセージを残してくれました。渡部選手、そしてハンドボール協会の方々、このような機会を設けていただきましてありがとうございました。渡部選手のこれからのご活躍をお祈りいたします。