HOME > お知らせ > 令和3年度版「校内の風景」①

お知らせ

令和3年度版「校内の風景」①
2021年05月19日

予定されていた体育祭が延期になり、生徒の落胆の様子は否めないものの、さすが、そこは明中生です。気持ちを切り替えて次の活動へと取り組んでいます。大分県も梅雨入りをし、毎日が雨模様でうっとおしい中、朝登校すると、久しぶりの爽やかな天気。思わず職員室前の窓を全開しました。校舎内を巡ってみると目に留まった風景。今日はそんなシーンを紹介いたします。下の写真は2年生の挨拶運動の様子。きちんと頭を下げて登校して来る仲間に挨拶をする姿が印象的でした。次は保健室前の様子。前回の「鬼滅の虫歯」に続いて「けがマップ」の紹介。養護教諭の優しさが感じられる代物。次はこの日の爽やかな朝の廊下。涼しい風が校舎内に入ってきました。最後に職員室前にある3年生の毎日ノートの日記のテーマ。この日は5月18日「言葉の日」のテーマです。3年生は〇〇にどんな言葉を入れたのでしょうか。学校を巡ってみると、思わず笑ってしまうような、また感心してしまうような、また感動してしまうような風景に出会います。もうすぐ市総体がやってきます。期末テストもやってきます。何でもいい。一つ目標をもって学校生活を送ると、学校生活が楽しくなり、心にも少し余裕が持てるかも知れません。先生たちはそんな明中生をいつも応援をしています。がんばれ明中生。                 文責 教頭 石井