HOME > その他の活動 > 吉野の棒術

その他の活動

吉野の棒術
2019年08月01日

★8月19日:突然の電話!

 昨日、卒業生(中学2年生)から「体育館を使用させてほしい」という電話がありました。詳しく聞いてみると、他県に同名の『吉野中学校』があり、自分たちの地域の自慢を紹介するビデオを撮るためということでした。紹介する内容は、なんと棒術!小学校時代に地域の方に教わったものでした。電話でしっかりと受け答えする様子が頼もしかったのですが、なんといっても地域自慢に棒術を紹介しようと考えたことが、本当にうれしかったです。

 棒術を舞う人・和太鼓をたたく人・録画する人など、役割分担し撮影をしていました。最後に全員で校長室に挨拶にきてくれて、この人たちこそが吉野の宝・自慢だと思いました。小学校でしっかり育てて中学校に送らなければと改めて感じた日でした。

  

【運動会に向けて!】

 高学年の棒術練習もスタートしました。中旬には地域のゲストティーチャーをお招きし指導を受けました。ワイド練習では、4年生以下が静かに見入るほどの迫力ある演技でした。本番までさらに気持ちをそろえ演技に磨きをかけます!

    

【9月26日:秋季大運動会 棒術】

 大運動会で、高学年が表現した棒術!攻撃と防御、2人1組の力強い舞でした‼声と気持ちをそろえた素晴らしい演技でした。

    

【棒術の伝承:6年生から4年生へ】

 4年生が棒術を引き継ぐ季節になりました。6年生は卒業が近づきます。4年生は6年生から棒術の技を引き継ぎます。そして「いよいよ自分たちの番が来た!」と気持ちが引き締まります。

    

【大師匠の教え 1月26日】

 6年生の師匠から教えを受けている4年生、一つ一つの型が少しずつさまになってきました。今日は地域の大師匠をお招きし、細かな教えを受けました。相馬さん・釘宮さんの声かけで、さらに整ってきました。

 4年生は、3学期末の授業参観で保護者に見ていただく予定にしています。それまでさらに上達するよう頑張ります!

    

【2月12日:伝授式】

 約1か月に及ぶ6年生(師匠)からの教え、本日をもって、伝授が終了しました。4年生は全員『免許皆伝』!棒術という技を受け継ぐと同時に、地域を愛する気持ち・伝統を受け継ぐ重み、心を合わせる優しさなど、多くの事を6年生から学び成長してほしいです。