HOME > お知らせ > プールの嘆き

お知らせ

プールの嘆き
2020年06月29日

 八幡小のプールです。

 今シーズンは誰も僕のことを気にかけてくれません。いつもならば、これだけ暑くなると子どもたちにモテモテになるのに…。歓声があちらこちらで上がり賑やかになるのに…。年に一度、子どもたちが僕の体を洗ってくれてさっぱりするのに…。今年は不気味なモスグリーン色に輝いてしまってるじゃないですか。自分の姿ながら気持ち悪い…。残念です。

 このあいだ校長が僕のところにやってきて、「今年はすまない。本当にごめんな。君の中に子どもたちが入ると、どうしても密になる、大きな声で歓声を上げてしまう。それがちょっとまずいんだ。君の体も子どもたちに洗って欲しいんだけれど、洗う時も密になってしまうんだ。勘弁してくれ。」と言っていった。そんなことは分かってる。分かっているんです。頭では分かってるんだけど気持ちが収まらないんだ…。でも3月の卒業式のときから僕と同じような人たちがいっぱいいる。今年は運が悪かったで済ませて欲しくないけれどどうにもならないんだよね…。残念だけれども我慢します。

 子どもたちも気にかけていないふりをしているけれど、内心は僕のことが好きで好きでしょうがないはずだよね。言葉にすると辛いからみんな気にかけていないふりをしてるんだよね。我慢してくれてるんだよね。きっとそうさ。そうに決まってる。そう思うと少し元気が出てきたぞ。来年は絶対大丈夫。そうなって欲しい。そう願ってもう一年静かに休んでいよう。

 でも不気味なモスグリーン色だなあ、やっぱり我ながら気持ち悪いなあ。こんな姿を見て、みんな僕のこと嫌いにならないといいなあ。