HOME > お知らせ > 教育長からのメッセージ

お知らせ

教育長からのメッセージ
2020年04月15日

 4月9日(木)から臨時休業に入り、いつもと違うスタートとなり、悲しい思いで過ごしている児童の皆さんへ大分市の三浦教育長からの応援メッセージが届きました。

 

新型コロナウイルス感染症対策に関するメッセージ

 

児童生徒のみなさん、元気に過ごしていますか。

例年であれば、この4月は、新学期を迎え、新しい学年・学級、新しい友だち、新しい先生との出会いをはじめ、今までとは違う自分をめざし、夢や目標を描き、胸をときめかせて学校生活を送っている時期だと思います。

しかし、今年は新型コロナウイルス感染症のため、いつもの年とは違うスタートになり、悲しい思いで過ごしているのではないでしょうか。

今は、みなさんだけでなく、日本中が、いや世界中がこの見えないウイルスと必死に戦っています。私たちにできることは、まず自分や家族が感染しないように行動することです。そのためには、換気の悪い「密閉」空間、多数が集まる「密集」場所、間近で会話や声を出す「密接」場面の3つの密(3密)を避け、手洗い・うがいをしっかりするなど、自分の身は自分で守るよう行動しましょう。

 さらに、外出を控え、家にいることが多くなるため、生活リズムが崩れることが心配です。規則正しい生活に心がけ、学校からの宿題に計画的に取り組むとともに、進んで家のお手伝いや適度な運動をすることも心がけましょう。

また、テレビや新聞等により、新型コロナウイルスに関する情報がたくさん伝えられています。今、私たちには、その情報が正しいかどうかを見極めて行動することが求められています。特に、不確かな噂を信じて、誰かを傷つける言動やいじめ・差別をすることは、絶対にあってはならないことです。

「今を、乗り切ろう!」

きっとまた、近いうちに、友だちと大きな声で笑い、さわやかな汗を流せる時が来ることを信じて頑張りましょう。

 

保護者のみなさまに申し上げます。

現在、新型コロナウイルスが世界で猛威を振るっています。日本でも、人の動きが制限され、経済が停滞するなど、社会状況が激変しております。

私たちができることは、不要不急の外出を避けるなど、感染症拡大防止に向けた行動をとることだと考えます。

そこで、本市教育委員会では、お子様の健康・安全を第一に考え、「学校を集団感染の場としてはならない」との思いから、当面5月1日(金)までを臨時休業といたしました。

また、各学校では、前学年の未指導分の学習内容からプリントによる在宅学習をすることとしております。

今しばらく、このような状態が続くと思われます。こういう時こそ、我々大人たちが冷静に判断し、子どもたちが正しい行動がとれるように、導いていただきたいと思います。

なお、低学年のお子様など、やむを得ない事情により昼間自宅において、一人で過ごすことができないなどの困りごとやご相談がございましたら、学級担任に遠慮なくご相談ください。

学校再開まで、ご協力よろしくお願い申し上げます。

                                             大分市教育委員会

                                              教育長 三浦 享二