HOME > 学校日記 > 修学旅行 5

学校日記

修学旅行 5
2019年10月10日

2日目はまず、雲仙岳災害記念館を訪れ、1990年に起きた雲仙・普賢岳の大噴火によってもたらされた

災害の状況やその原因などについて学習しました

大分県も自然豊かな地域ですが、山地やリアス式海岸が多く、活火山も3つあります

こういった学習を通して、私たちは将来直面するかもしれない災害に対し、的確な行動が取れる力を身につけなければなりません

修学旅行 9  修学旅行 10

右写真で、遠くに見える背の高い山が普賢岳

その右の手前の山が、当時の火砕流から島原市を守ってくれた眉山(まゆやま)

運転手さんの「いろんな被災地をこの目で見て思うのは、結局は人間は自然には勝てないが

 そこに暮らす人々の思いは最大限尊重されなければならない」との言葉が印象に残りました