HOME > 学校日記 > 開校のころ

学校日記

開校のころ
2020年02月26日

津留小学校から分離し、昭和51(1976)年の4月10日に新入児童125名を迎え

全校児童数671名で本校がスタートしました

(大きな出来事では、アントニオ猪木対モハメド・アリの異種格闘技戦があった年です)

昭和52年2月26日に体育館が落成し、その日に体育大会を実施したと記録に残っています

それ以降、2月26日を開校記念日とし、節目節目に記念式典を行っています

スタート前の校名候補には「津留北小学校」「大州小学校」「今津留小学校」「大津小学校」等が挙げられましたが

最も応募数が多く地域住民の総和としてふさわしい「舞鶴小学校」が選ばれたようです

開校当時の南校舎玄関ももうじき取り壊され、約1年後リニューアルの予定です

南校舎 玄関