HOME > お知らせ > 平和を願う日~戦後76年目

お知らせ

平和を願う日~戦後76年目
2021年08月06日

今日は登校日。

約2週間ぶりに登校した子どもたちは、いい色に日焼けした笑顔を見せてくれました。

朝から、広島平和式典のTVを視聴し、8:15には平和の鐘に合わせて黙とうを行いました。

人権平和委員会が進行した平和集会では、校長から次の3つの数字について話しました。

『196』これは世界の国の数です。『8』これは76年間戦争をしなかった国の数です。『1』これは原爆被害を受けた国の数です。その国は日本です。この『1』という数が増えることのないように平和について考える一日にしてほしいと思います。

次に、人権平和委員会の子どもたちが、「まちんと」の読み聞かせを行いました。

 

原爆が落ちた直後の広島の悲惨な様子を伝える絵本です。子どもたちの迫真の演技に、全校のお友だちが聞き入っていました。

 

最後は各教室での平和授業です。

未来を生きる子どもたちに、平和の尊さをしっかりと伝えること。そして自分にできることを考え、行動することができる子どもを育てること。そんな願いをもって過ごした一日でした。

夏休みも、ほぼ折り返し点です。これからも安全で楽しい夏休みを過ごしてください。