HOME > 学校日記 > 避難訓練(地震・火災)を実施しました

学校日記

避難訓練(地震・火災)を実施しました
2020年01月17日

 1月17日は、25年前にあの「阪神・淡路大震災」が起こった日です。学校ではその時の教訓を忘れないように、その日に合わせて「地震とその後に起きた火災」を想定した避難訓練を実施しました。

 まず、教室で学習中に地震が起きたと想定し、机の下にもぐるなどの「シェイクアウト」を行いました。その後、揺れは収まったが給食室から出火したことを想定して、全員運動場に避難しました。避難に際しては「お・は・し・も」をしっかりと意識し、真剣に取り組む子どもたちの姿が見られました。

 避難完了後、全員体育館に入り、指導に来てくださっていた「大分中央消防署 南大分分署」の方から、お話を聞きました。実際の地震の時の映像をまじえ、地震が起きた時の心構えなどをわかりやすくお話して下さいました。

 地震はいつ、どこで起きるかわかりません。常に心の中で準備をしておけるよう、今日の訓練を生かしていってほしいと思います。

避難訓練①