HOME > 学校日記 > 早生ミカン生産者の方との交流がありました。

学校日記

早生ミカン生産者の方との交流がありました。
2019年11月12日

11月12日4時間目、1年生から4年生が早生ミカンづくりについて学習しました。早生ミカンづくりをされている藤田さんを含め、4名の方がお見えになって、教えてくださいました。実際に、各学年代表の子がミカンの剪定を体験したり、ミカンづくりの大変さやうれしいことなどお話を聞いて、ミカンづくりの方の思いを知ることができました。質問タイムでは、たくさんの子が質問し、1日の収穫量や1本の木に200個から300個なること、ミカンの白い筋が実は養分の通り道であることなど、質問に答えていただく中で新たにたくさんのことを知ることができました。最後は、4名の方とホールで楽しく給食を食べ、デザートのミカンをおいしくいただきました。

    

ミカンについて学習しました。      ミカンの剪定の仕方を習いました。   実際に剪定です。ドキドキ!

    

上手に切れるかなあ           たくさん質問が出ました       宮本響己さんが代表してお礼を言いました

   

お客様との給食は、いつもよりおいしく感じました。