HOME > 学校日記 > 6年生がユニバーサルデザイン授業を行いました

学校日記

6年生がユニバーサルデザイン授業を行いました
2019年10月04日

10月4日(金)3・4時間目、講師5名を招いてのユニバーサルデザイン授業をしました。授業の初めに、後藤夏実さんが「体の不自由な人が困っていることを知りたいです。」と今日の学習に対する思いを発表しました。最初は、ユニバーサルデザインについての学習です。バリアフリーとユニバーサルデザインとの違いや身の回りにあるユニバーサルデザインの商品など分かりやすく説明していただきました。そのあと、実際に文房具や身の回りにあるユニバーサルデザインの商品に触れ、ユニバーサルデザインは「だれにでもやさしい」ことを実感していました。

 そのあと、車いすで生活していらっしゃる方のお話を聞きました。自分の生い立ちや自分の思いなどを語ってくださいました。子どもたちも障がいを持っていらっしゃる方の思いを真剣に聞いていました。最後に、実際に車いすを体験し、思ったように動かすのが大変なこと、少しの段差も車いすではとても大変なこと、人に押してもらうのはうれしいけれど急に進んだり止まったりしたらこわいことなど実際に体験しなければわからないことを体験することができたようでした。

  ユニバーサルデザイン1    ユニバーサルデザイン授業2