HOME > 学校日記 > 2学期終業式がありました

学校日記

2学期終業式がありました
2019年12月24日

   12月24日(火)3時間目に終業式がありました。初めに渡辺校長から「2学期は行事がたくさんありました。その中でも文化祭は、全校のみんなが協力して頑張り、とても良い文化祭になりました。3学期は、相手の気持ちを考えて行動しようを目標に、全校のみんなで、みんながすごしやすい神崎小中学校にしていきましょう」と話をされました。続いて4名の児童・生徒、浅野統真さん(2年生)・姫野陽斗さん(5年生)・安部涼介さん(8年生)・高橋那由多さん(9年生)が代表して2学期の反省と3学期頑張ることを話しました。

〇2年生 浅野統真さん

 「2学期は九九を頑張りました。お風呂やトイレに九九表をはったり、教室の出入りの時九九を言ったりして頑張って覚えました。3学期は、百人一首を全部覚えるのが目標です。あと、縄跳び大会も持久とび3分を目標に頑張りたいです。」            

〇5年生 姫野陽斗さん 

 「2学期は文化祭のヨサコイソーランを頑張りました。みんなの気持ちが一つになってとても良かったです。勉強面では、社会見学で大分ダイハツや大分合同新聞社を見学し、ロボットで製造しているところやタブレットを使って新聞を作っているところをまじかに見れてとても勉強になりました。冬休みは、親せきが帰ってくるので、スキーやスノーボードにも挑戦したいです。」   

〇8年生 安部涼介さん 

 「2学期は、修学旅行でUSJに行ったり座禅を組んだりととても良い思い出ができました。3学期は、時間にゆとりをもっていろいろなことに取り組みたいです。そして、3年生の0学期という意識をもって全校をリードできるように頑張りたいです。」 

〇9年生 高橋那由多さん 

 「文化祭練習では、初め私語が多かったけれど、だんだん私語が減ってきて、みんなが協力してくれて文化祭は大成功でした。冬休みは、みんな宿題を計画的にやっていきましょう。私たち9年生は、課題+受験勉強を頑張ります。」

それぞれに、2学期の反省と3学期への意欲を話してくれました。