HOME > 学校日記 > Thinking Talking Teaching ~英語公開研究会~

学校日記

Thinking Talking Teaching ~英語公開研究会~
2022年02月09日

今年開校15年目を迎えた賀来小中学校。これまでの取組をもとに、小中一貫教育校の特色を活かした英語教育に取り組んでいます。児童生徒の「自己表現力」の向上をめざし、自ら学び合う英語教育を目標に掲げ、各学年での英語科授業に取り組んでいるところです。

前期(1~4年生)はとにかく声に出して話す「Talking」、中期(5~7年生)は相手を意識して文の構成を考える「Thinking」、後期(8~9年生)は相手や場に応じて互いに教え合い、学び合う「Teaching」を目標に掲げ、英語科教職員を中心に、様々な場面を想定した英語授業を展開しています。

今日は「英語公開研究会」として、都築真由美教諭が8年2組において「英語落語に挑戦しよう」という単元の授業提案を行ってくれました。本来であれば市内各小中学校から先生方をお招きし、授業を見ていただく予定でしたが、コロナ禍ということもあり校内と大分市教育委員会をZoomでつないでの授業でした。生徒は日本の伝統文化である「落語」のおもしろさを本校ALTのフェリー先生に伝えるために、「落語ショー」(座布団や扇子も使い…)をとおしてお互いにインタビューをする授業…生徒たちは積極的に英語で質問を行っていました。

授業後は大分市教育委員会英語教育推進室の指導を受けながら、英語科の先生方を中心に授業後の研修会に取り組みました。英語教育の賀来小中…授業実践研究は今後も続きます…。