HOME > 学校日記 > 授業に磨きをかける...互見授業&実習生代表授業

学校日記

授業に磨きをかける...互見授業&実習生代表授業
2021年09月17日

 賀来小中学校では、それぞれの教職員が日々様々な授業実践に取り組んでいます。教科や学年の枠を超えて、お互いの授業を見学し意見交換をすることで、新たなヒントをもらうことが多々あります。そのようにお互いの授業を見せ合うことを教職員の間では『互見授業』と呼んでいます。今週は8年生理科の互見授業が行われ、小中それぞれの先生方が授業を見学しました。

 また、実習3週間目に入っている教育実習生による研究授業も行われました。授業は1~6年生の各1クラスで行われ、指導にあたっている各学年部の先生方をはじめ、大学の先生方も参加し、授業の内容について研修を深めました。

 教師は授業で勝負…さらに研修を深めながら、日々の授業実践に磨きをかけていきます!