HOME > 学校日記 > 76年目の夏...平和の尊さを考える

学校日記

76年目の夏...平和の尊さを考える
2021年08月06日

照りつける日差しの中、今日は大切な登校日でした…。1946年8月6日…人類史上初の原子爆弾が広島に投下されたあの日から、76年目の夏を迎えました。戦争を知らない私たちにとっては、戦争がいかに愚かで醜いものか、そして今の平和がいかに尊いものであるかをあらためて考えることのできる1日になりました。各学年ごとに動画を視聴したり、資料をもとに広島や長崎に落とされた原子爆弾のことはもちろんのこと、第一次世界大戦下での生活の様子等を学習しました。

普段私たちは日々の生活に流されて、戦争や平和についてじっくりと考える場面はなかなかとれないもの…8月6日はぜひ平和の尊さについて語り合いたいものです…。